平成28年第四回都議会定例会閉会

今定例会は、当初大きな動きはないものと思われておりましたが、定例会最終日前日、公明党が都議会自民党との決別を宣言しました。

国政での自公連立よりも長い歴史がある自民党と公明党の連携解消はまさに青天の霹靂といえるでしょう。会期中もその伏線が見え隠れしていましたが、表に出ている理由だけではないのではないかと思っています。小池知事の誕生により都政が大きく変革している証左でもあります。

前定例会最終日に設置された豊洲市場移転問題特別委員会もようやく質疑が始まりました。

また、定例会最終日には議案の採決も行われましたが、都議会閉会中に審査を行ってきた平成27年度決算についての採決も行われ、豊洲市場が盛土をしないままに建設されていた、予算段階での説明が履行されていなかったことを受け「中央卸売市場会計」が自民党以外の反対多数で不認定となりました。

新銀行東京問題の時以来の不認定であり、また今回は公明党も不認定に回ったことに、大きな変革を感じる瞬間でした。

定例会は終了しましたが、年内には、小池知事への予算要望、豊洲市場移転問題特別委員会での審議も予定されています。

引き続き、都政に全力で取り組んで参ります。

平成28年第四回都議会定例会開会

本日より、今年最後となる都議会定例会が始まります。

今定例会では知事提出案件として、条例案10件、契約案14件、事件案7件、諮問1件、専決1件、人事案1件の計34件の議案が予定されています。また法令の改正を待って6件の条例案も追加提案されるようです。

今回は、議論を呼ぶ大きな案件はありませんので、定例会初日における小池知事の所信表明で、オリンピック、豊洲市場、予算編成に向けてどのような発言をされるのか注目されます。

また第三回定例会で設置された豊洲市場移転問題特別委員会もようやくスタートしました。

私も委員の一人として、12月2日の委員会で質疑を行う予定です。是非ご注目ください。

 

平成28年第三回都議会定例会閉会

10月13日都議会定例会が閉会しました。小池知事になって初めての定例会は知事提出の全議案が可決、豊洲市場移転問題特別委員会設置の動議が全会一致で可決しました。

今定例会の議論の中心はまさに豊洲の問題であり、経済港湾委員会での集中審議を経ても、さらに疑惑が深まり、真相究明に背を向ける当局の姿勢が改めて浮き彫りとなりました。

都議会民進党はプロジェクトチームを作り、様々な角度からこの問題の調査を行っています。そして定例会閉会中においても徹底した審議を目指し特別委員会の設置を求め、他会派の理解を得ることができました。

私も当時会派の政調会長を務め経緯を熟知している者の一人であることから、会派を代表して特別委員会に所属することになりました。

豊洲市場問題は、今後、安全性の検証をすすめ、豊洲を維持するのか放棄するのか知事にとっては大きな決断が求められます。仮に維持するのであれば安全対策をどのように講じていくのかが大きな問題となります。過去の専門家会議による提言が理論的に正しかったのか、汚染除去工事自体に問題はなかったのか、明らかにしていかなくてはならない課題は山積です。しかし、これまで欺かれてきた私たちにとっては、過去の原因と責任の所在を明確にしなければ、都の職員を信用することは出来ず、前には進めません。しかし同時並行で進めなくてはならないのは市場関係者への真摯な説明と支援策の早急な決定です。

故に、私も委員会の中で真相究明とともに市場の将来に向けての議論をして参りたいと考えています。

平成28年第三回都議会定例会

9月28日より、平成28年第三回都議会定例会が始まります。

今定例会は、小池知事就任後初の議会であったため、当初は小池知事と自民党の対立が話題になっていましたが、ご案内の通り、都政における目下の重大事項は豊洲新市場予定地において、これまで安全性の根拠としていた土壌汚染対策に伴う盛土の一部行われていなかったことです。

この間、会派としても現地調査を行ってきましたが、26日小池知事に下記の申し入れを行いました。

1 現在の豊洲市場が安全・安心な市場として本当に機能するのか、あらゆる観点から徹底的に検証すること。

2 盛り土問題では、いつ、誰が、どのような理由で盛り土をしないことを決めたのかなど、意思決定の経過を明らかにすること。

3 豊洲市場内の全施設の地下ピットにおける水・土及び空気の調査を実施し、その結果を公表すること。

4 市場問題PTや専門家会議のインターネット中継をはじめ、情報公開を徹底し、都民の信頼回復を図ること。また、マスコミによる取材にも積極的に協力し、水や土の独自の採取や分析なども認めるなど、広く情報公開を徹底すること。

5 都と東京ガスとの交渉の経過についても、積極的に情報公開し、検証すること。

6 操業由来の汚染物質が全て掘削除去されているのか、不透水層より下は汚染されていないのかを改めて検証すること。

7 豊洲市場の開場延期が長期化するのであれば、現在の築地市場の耐震化など、必要な対策を講じること。

8 全ての市場業者に対して、経済的な支援策はもとより、十分で丁寧な対応を講じること。また、中央区とも十分協議し、築地での食文化の拠点継承に向けて取り組むこと。

dsc_0028

今定例会においては真相解明を求めていくとともに、食の安全を第一に対策を講じていくよう、審議を行ってまいります。

また、豊洲移転の議会審議をしていた当時、都議会第一党の政策責任者を務めていたことから、26日放送のテレビ朝日ワイドスクランブルより取材を受け、当時の担当者とのやり取りについて説明させていただきました。実際の放映は約30~40分の取材に対しだいぶ編集され、もっと使ってほしい話の部分もありましたが、想定していたよりは長く放映してもらえた感じです。

img_7075

都議会定例会閉会~知事不在~参議院議員選挙

本日21日付をもって、舛添知事が辞職しました。
15日に閉会した定例会は知事の資質に係る議論に終始しました。
本会議並びに総務委員会における質疑においても、第3者と称する弁護士の調査結果を錦の御旗のごとく振りかざし誠実な答弁がなされることはありませんでした。都議会民進党としては知事の資質なしとの判断に至り不信任案を議会運営委員会に提出しました。その後の顛末は報道されている通りです。

私たちとしては、知事としての危機管理の無さや公務の在り方などを問うとともに、本来は参議院議員時代の政治資金については政治資金規正法等の問題として国会で参考人招致などすべきであるものの、舛添要一氏が知事の職にあることから、これらの問題についても取り上げてきました。なぜ100条委員会を設置しなかったのかとの向きもあろうかと思いますが、知事の資質を問う中での最大の決断が不信任を突きつけること(知事を辞任させること)であると判断したものです。
知事には最終的に自ら辞職の判断をした以上、退任の記者会見ぐらいは行い、真相を述べて頂きたかったのですが、何も語らず都庁をさったことは残念です。それと、そもそも本日21日付の退任は、任期が始まる再任・新任の副知事に辞令を交付するためと聞いていました。本日会派の控室に副知事4人が挨拶に来られましたので、知事から辞令を直接もらったのか聞いたところ、「事務的にもらいました。話はしました。」とのことでした。さすが副知事うまい言いましだと思います。私の勝手な判断だと「昨日知事が預けた辞令を今日事務的に貰った。電話等で話をした。」ということなのかな。だったら辞任日を今日まで延ばす必要はなかったのではないかと思ってしまいました。真相はわかりませんが・・・
今日から40日間ほど、知事不在となり安藤副知事が職務代理者となります。誠実で能力のある行政マンですので、心配は一切ないと思います。半分冗談で「そのまま知事の地位について頂いたら、都政が安定するのですがねぇ」と申し上げたら、瞬殺されました(笑)。

さて、先の定例会では、知事の問題ばかりが話題になりましたが、その他にも国の税法改正に伴う都税条例の改正や立川の防災基地にある旧政府食糧倉庫を都の災害時備蓄倉庫として購入する案件も可決しました。備蓄倉庫の議案に関しては生活者ネットワークだけが、立川断層の近くにあることを理由の一つとして反対しました。立川断層については、昨年5月、立川市が説明会を開き、研究機関の調査の結果として存在していない可能性が高いとの見解になっているにも係らず、いたずらに不安を煽るような主張で呆れるばかりです。
さらに定例会では、議員定数に係る条例の改正も行われました。都議会民進党と民進党都議団は現行の127人の総定数を6人減らす改正案を提出し、わたくしが提案理由の説明を行いましたが、残念ながら、自公提案の2増2減案が賛成多数で可決しました。共産党も6増6減案を提案しましたが、総定数を減らす案を提案したのは、民進党だけでした。
⑫議員定数

明日から参議院議員選挙が始まります。新たな有権者となる18歳以上の皆さんには是非とも関心を持っていただきたいと切望しています。

平成28年第二回都議会定例会開会

本日より都議会定例会が始まり、先ほど舛添知事の所信表明が終わりました。
この間の知事の問題について謝罪はあったものの、明確な説明はありませんでした。
想定はされていたものの、都議会に対して自ら説明をする最後のチャンスを逃したことを知事はどう考えているのか⁉︎
来週から行われる代表質問などでの答弁は、我々議員から問われたことに答えるのであって自ら進んで説明をすることにはならないので…
穏やかに言えば、残念の一言です。
今後質疑の場で、都議会民進党として厳しく追及していくことになります。

定例会も始まり、市内駅頭での朝街頭もスタートしました。
今朝は立川駅北口にて行いました。
明日は武蔵砂川駅の予定です。

平成28年第二回都議会定例会議案

現在都政の話題といえば、知事の政治資金等の問題で持ちきり、何とも情けない限りですが、6月1日からの定例会開会に向けて、昨日提出予定案件が示されました。

その概要を一部ですが、都議会情報のページにアップしましたのでご覧ください。

ホームページをリニューアルしました。

約20年前、市議時代よりホームページを開設しておりますが、48歳、年男の誕生日を機に、ホームページをリニューアルしました。

また、新しいドメインにも変更しました。

今後、こちらのドメインにて情報発信して参りますが、浸透するまで時間がかかると思いますので、これまでのドメイン(daishicomcom.com)も維持し、転送するよう設定したいと思います。

よろしくお願いいたします。