豊洲市場移転問題特別委員会 参考人招致

今日は豊洲市場移転問題特別委員会で地下水モニタリング業者の参考人招致が行なわれました。
私は、ゼネコン3社にパージと採水作業について均一な基準で行なわれていたのかという疑念から質問を行いました。
今日の質疑で、パージと採水が別の業者に発注されていたにもかかわらず、担当局がこれまで報告すら行なっていなかったことが明らかになり、都の不誠実さが露見しました。
それはともかく、粛々と確認の為の質疑が進む中、5社目で第9回のモニタリング調査をした湘南分析センターの方から、「都の指示で本来使うべきではないパージ作業で得た水を採水分析に使用した」などの驚くべき証言が行なわれました。
小池知事となり都政の闇に光が射し始めたと思っていた矢先に、担当局の隠蔽体質、理解不能な行動が白日のもとに晒されることになりました。
委員会閉会後、中央卸売市場もマスコミに一部を事実として認めました。
昨日の石原会見と合わせ、これまでの都政の膿を出し切り、未来へと転換していくにはまだ時間がかかりそうです。
来週土曜日はいよいよ100条委員会での証人尋問です!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です