つくる。新時代立川!の会 ホームページ開設

私の支援団体「つくる。新時代立川!の会」のホームページを開設しました。

サーバーの設定に手間取り、遅くなりましたが、私のホームページからもリンクしていますので、是非ご覧ください。

つくる。新時代立川!の会 ホームページ開設」への2件のフィードバック

  1. 立川の中村です。この度は市長選に立候補され嬉しく思います。前回都議選では希望という幻の党があなたの前に立ちふさがり、しかも最近自民に転党されたN氏が急に居なくなって、まさに逆風なれど、今は現職に対抗できるのはあなたしかいない立川です。立川市は見た目はインフラ、モノレールが走って一見賑やかに見え便利でしょうが人口は増えず、顔の見えない街になっていますね。市のビジョンも10年後の長期シティ構想が見えませんね。酒井さん、立川を国際都市にしましょう。環境と利便性、都心にも近く、今年9月に始まる5Gを活用した高機能サテライトオフィスを増やせるし、自動車から医療に渡るAIの研究開発拠点誘致すれば人口も増えます。
    それと人への投資です。市内の小中高の教育レベルアップです。少子化日本の将来は過去と違い地方より首都圏の子供の教育にかかっているような気がします。
    酒井さん、立川は財政にまだ余裕があります。将来、未来をにらみ若者への投資こそ価値があります。市内高齢者はたしかに多いですがは投資は若者にシフトすべきで三期もやってきた現職にはなかなかできない政策でしょう。
    とにかく政策を絞ってわかりやすく訴えることです。

    • 中村 信二 様

      身に余るお言葉、ご助言、ありがとうございます。
      ご指摘のとおり、私は若者や子育て世代の人口流入を目指し、教育や子育て支援に集中して投資をしようと考えています。
      現在市の予算は毎年約30億円の繰越金が発生しており、この一部を活用すれば可能と考えております。

      また、職住直近のまちにすることも人口増につながるものと考えています。
      国際都市にしていくというご提案おもしろいですね。

      名実共に多摩の中心都市といわれる立川を創るべく、挑戦して参ります。
      是非、お知恵をお貸し下さい。

      今後とも、よろしくお願いいたします。

      酒井大史拝

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です